映画 の記事一覧
  スポンサーサイト  
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  地下鉄(メトロ)に乗って  
2007.11.02.Fri / 23:56 
本日は映画の話を。
今日の作品は『地下鉄(メトロ)に乗って

キャスト・・・堤真一・岡本綾・常盤貴子・大沢たかお

結構、ぃぃ映画やなって思った。
何がぃぃん?と聞かれればうまく答えれないけど・・・。
若かりし頃の父親や母親に出会ってみたいとか、
父親や母親の事をちょっと考えてしまいました。
日ごろはそんな事考えたりしなかったのになぁ・・・。

ストーリーをまとめるとこんな感じ。
いつもの地下鉄を降りると、そこは昭和39年の東京だった・・・。
あなたは、父の父親になる前を知っていますか?
あなたが生まれる前の母親に会いたいですか?

結構、心に染みる映画だと思いました。

スポンサーサイト
No.107 / 映画 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  手紙  
2007.10.30.Tue / 23:59 
今頃ですが『手紙』を見ました。

キャスト・・・山田孝之・玉山鉄二・沢尻エリカ

さてさて、肝心のあらすじですが、身寄りのない兄弟の話。
兄(玉山)が弟(山田)を大学に行かせる為の金欲しさに盗みに入った家で
誤って人を殺してしまう。
数度にわたる引っ越しと転職。
掴みかけたのに鼻先をすり抜けた、お笑い芸人の夢。
初めて愛した女性との痛切な別離。
兄が居る限り弟の人生はハズレ。
耐え切れず自暴自棄になる弟を深い絶望の底から救ったのは
由美子(沢尻)の存在だった。
しかし、ささやかな幸せが再び脅かされるようになった時、弟は決断する。
塀の中から届き続ける、この忌まわしい「手紙」という鎖を断ち切ってしまおうと。

いやー、皆が言うように玉山鉄二の演技って神だなと思いましたよ。
沢尻エリカの下手くそな関西弁。
別に無理に関西弁使う必要ないんちゃうの???
ってか、関東の人が聞く関西人の発音ってあんな感じなんか???
山田孝之ってこんな暗い役多いなぁ・・・って思いながら見てました。

小田和正の曲がめっちゃ胸にしみるっちゅーか・・・・。
この曲が流れただけでもう涙、涙でした。

最近、色んな映画(DVD)を見たりしてるのでまたそのうち色々紹介したいと思います。

No.104 / 映画 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  クローズZERO  
2007.10.29.Mon / 23:35 
昨日の晩に見てきましたよ~♪
クローズZERO

キャスト・・・小栗旬・やべきょうすけ・山田孝之

感想を一言で言うと結構期待してたより面白かった。
完全オリジナルストーリーだけど結構すんなり見れた。
それに結構笑えるとこもあったしw
山田孝之と小栗旬に「出来るのか???」って思ってたけど
山田孝之の目がイッちゃってたし、それなりにカッコよかった。
山田孝之の事、好きな俳優にリストアップしてしまったくらいです。
キャストも良かったんじゃないですかね?
海猿シリーズ・3丁目の夕日に続いて納得出来た映画だと思います。
ってか、期待してなかっただけに余計にそう思っただけかも知れませんが。

一応あらすじ書いときます。
最凶の不良たちの、最高の物語
鈴蘭男子高等学校、通称・カラスの学校。
不吉な嫌われモノ=カラスのような不良学生たちが集まる、偏差値最低の男子高校。
最強かつ最凶の高校として悪名を轟かせている鈴蘭であったが、
不良達が多すぎてまとまりがなく多数の派閥が勢力争いを繰り返していた。
いまだかつて鈴蘭を統一・制覇したものは、誰もいない・・・。
殴り合いでしか、語れない強敵がいる。
避けては通れない戦いがある。
ぜんぶ壊して、ゼロになれ。
ってな感じらしいです。

コアなクローズファンにはどうかな?って思うところもあるけど、
まぁそれなりに良かったんじゃないでしょうか。
なんせ、マッキーとリンダマンがつぼにハマリましたからw

No.103 / 映画 /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  Closed Note  
2007.10.13.Sat / 23:59 
祭も終わったってのにダリダリーン♪はラクサクの予約やらで
拾伍人組の方2名と後輩1名と中華料理屋に行きました。
晩御飯作らずに済んだんでぃぃんですけどね。。。
でも、祭が終わった感じが全くしないのはぁたしだけなんでしょうか?
祭のビデオの編集とかも始まるし、何かバタバタしてるし、
一年に一度の祭のはずが年中祭になってる気がします。
それでも今日は8時頃には帰って来たのでマシか・・・。

ダリダリーン♪が帰ってからイオンに映画に連れて行ってもらいました。
Closed Note』を見に行ったのですが、微妙・・・。
夜やからかも知れんけど、客全然居なかったし。
あ、いつもの如くここでネタばらししますんで見たいと思ってる方は、
これから先は読まないようにしてください。

ストーリーは引っ越したばかりのアパートで前の人が忘れていった日記を
いけないとは思いつつも勝手に読んでしまう主人公。
なぜか最後の1ページだけ破られていた。
その最後の1ページを主人公はたぐりよせることになる。
日記を読む人→沢尻エリカ
日記を忘れていって読まれる人→竹内結子


他にも何か色々説明しないとわかんないと思うけど、
書くのも面倒臭くなったのでやめときます。

見た感想としては、ポロッと涙が出てしまったところが一箇所あったけど
後はなんだか淡々と話が進んでるなぁ。。。って感じ。
前振りが長すぎてクライマックスまで退屈な感じでした。

ダリダリーン♪は『Closed Note』の事を
10月27日から公開の『クローズ ZERO』と勘違いしてたらしく
なかなかヤンキーが出てこねぇ・・・なんて思ってたそうな・・・orz
Closed Note』始まる前に『クローズ ZERO』の予告してたじゃん...orz
でも今度は本当に『クローズ ZERO』も見に行ってきます。

No.98 / 映画 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
2007.09.05.Wed / 16:33 
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』見てきました。
一番近い映画館ではやってなかたので岸和田のカンカンで見てきました。
レイトショーだったから人少なかったかなぁ~。
でもまだ公開して4日でしょ?
夜やからと言ってこの少なさ・・・。
何て思いながら席に着きました。

席に着いた時、女の子2人が前の列を歩きながら席を探していて
祭花の斜め前に座ったんだけど、『パチンコから来たな』って感じでした。
しかも毛糸の帽子かぶってるし。
見てるだけで暑いんだYO!
しかもさ、てっぺんを尖らしてかぶってるじゃん!
後ろの人の迷惑になるから脱げよ!
脱ぐ気配がなし。
ダリダリーン♪に「あの帽子迷惑だよね~」と言ってたのが聞えたのか
それからすぐ脱ぎました。マナーを守りましょう。

さて、ネタバレしますか!
他人の事なんてどうでもいい自己中心主義の祭花なんで
ネタバレの部分を隠すなんて事は一切しません。
ってか、見たい人はさっさと見に行けよ!って思ってますんで。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』はまぁアニメで内容を知ってる人には微妙な感じ。
パチから来た人にしたら「このシーンは・・・」みたいに思うかも知れないけど
アニメを知ってる人からしたら、アニメと映画の違いを探すみたいな感じ。

気になったのは箇所は凄く多いな。
映像は綺麗になった。
でも、祭花的に気になったのはやっぱ声優。
同じ人達なのはわかるけど12年前と比べて声が微妙。
喋り方が微妙ってのに凄く違和感がある。
ミサト、マヤ、トウジなんて特にそうかな。
あと、シャムシェルが第5の使徒でラミエルが第6の使徒って事。
「第4の使徒は?」って思わず言いそうになったぐらい。
後は、ラミエルが凄すぎ。
ってか凄い変形しすぎだろ!
いや、これにはまいりましたね。
他に言えばリリスが出てくるの早すぎ。
ってか、加持さんが出てきてないのに何でミサトが?みたいな。
他にはシンジが前ほどヘタレでなくなった。
最後の最後でカヲル君が出てきた時にはぶっ飛びました。
ぇぇ、だってね、カヲル君の台詞聞いてたらねぇ・・・。
結局この映画の話は、続きだったって事。
生き残ったシンジが望んだ世界で、しかも又同じ事を望んだって事。
そう理解して問題はないと私は勝手に思ってる。
でも次回の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』は今までなかったエヴァが出るんだよね。
誰がパイロットになるんだよ?とか思うんだけどアニメには出てないキャラみたい。
で、最後に宇多田ヒカルの曲が流れるけど正直イラネー。
宇多田ヒカルの曲でテンション下がった。
やっぱエヴァには高橋洋子が必要だと思うな。

で、一番の感想はパチからエヴァにのめりこんだ人。
映画を見る前にDVD2回以上は見て勉強してから来い!
映画の最中に「これ、ミサトの部屋や~」とか
「ステップアップの顔や~」「勝ったな」とかウザイんだよ!

ってな訳で『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』楽しみにしています。

No.82 / 映画 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  天使の卵  
2007.07.11.Wed / 05:35 
久々にダリダリーン♪とまったり過ごそうと思い、TSUTAYAに行きました。
特に借りたいってのは無かったのですが半額で借りれるって事だったんで
天使の卵】【ひぐらしのく頃に】【攻殻機動隊】を借りました。
【ひぐらしのく頃に】と【攻殻機動隊】はアニメでなんでまたの機会にして
今回は【天使の卵】について書きたいと思います。

ダリダリーン♪が通勤中に読んでたらしく、映画も見たいと言うので借りました。
感想を聞かれると凄く微妙な気がする・・・。
なんか中途半端な感じがして。。。
うーん。
こっから下はネタバレなんで【天使の卵】見たい!って思ってる人は読まないように。


元カレ(市原隼人)と偶然再会する女の子(沢尻エリカ)の目線から描いてるんだけど、
その時点でうーんって感じ。
早い話、自分のお姉ちゃん(小西真奈美)と元カレが恋に落ちて、
お姉ちゃんは病気?で死んでしまう。
それを今でも自分のせいだと悔やんでる元カレ・・・。
ね?!沢尻エリカって重要な役なの???って感じ。
めっちゃ出すぎ!
小西真奈美との絡みのが重要なのに全然なんだよね・・・。
恋に落ちて速攻死んじゃうみたいな・・・。
泣ける話なのに泣けなかったです。
キャストは結構いいんだけどなぁ・・・。
それだけにごっつ残念です。

No.61 / 映画 /  comments(4)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
| BLOG TOP |

クローズZERO

タイトル予告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

祭花

Author:祭花
死ぬまで20歳。
だんじり好きです。
漫画好きです。
イケメン好きです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

フリーエリア






CopyRight 2006 祭花の日記 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。